お腹周りの脂肪の落とし方ってどうしてます?

最近どうもおへその辺りがブヨっとしてきて~とお悩みの方は多いと思います。

で、ダイエット!と言う事になるんですが、一旦手で触ってブヨっとしているそのお肉は皮下脂肪なので、これがまたなかなか減りにくいんですよ。

そのお肉なかなか減りません

悲しいかな、そのお腹周りのお肉は急にダイエットしてもなかなか減りません。

実は人間の太るメカニズムはと言うと、まず内臓に脂肪が付いて行き~内臓に脂肪が付くスキマが無くなると、初めて!今度は皮下脂肪が付くようになるらしいのです。

まずは内臓脂肪をやっつけろ!

そして燃焼する順番も、まずは内臓脂肪から燃えて行き~内臓で何も燃やすものが無くなったら、やっとこ皮下脂肪を燃焼しようか?と言う感じになるので、皮膚の外側からいくらマッサージした所で最初のうちはまったく皮下脂肪は燃焼しようとしてくれないのです。

なので、確実にお腹の肉をぺったんこに無くすには、内臓脂肪から燃焼させなければなりません。

内臓脂肪を減らす効果的な方法は?

脂肪吸収を抑えるお茶がおすすめ

ではどうすれば~内臓脂肪を減らす事が出来るのかと言うと、烏龍茶やプーアル茶などの脂肪の吸収を抑える系のお茶や、又は内臓にこびりついている脂肪を吸着して体外に排出する機能のあるキトサンなどの服用が有効です。

他にも、脂肪燃焼系のサラシアやガルシニアなども有効なので、ダイエット茶やサプリメントで摂取すると良いかも知れません。

食事制限、

また、日々の食生活だけでこの脂肪を燃焼して行きたい場合は、一日3食の所を2食にする~と言う方法が効果的です。

一食食べない分のカロリーを内臓脂肪の燃焼で賄おうとするので、確実に脂肪を無理なく減らせますが、この方法はハードな仕事をしている方では無く、自宅で在宅で仕事をされている方化主婦の方にお勧めです。

あとは、腹筋を直接動かして運動して、それで燃焼させていくのも効果的なので、自分に合った方法でお腹のお肉を減らして行くと良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加