歩きスマホ事故に対するJRがとったユニークな対策とは?

9dd13d52338057ce6d735b58be5aa423_s

生活の中で欠かせないスマホですが、

いわゆる「歩きスマホ」の事故が大きな問題になっています。

先日、歩きスマホならぬ、自転車スマホをしているおにーさんが

私の目の前でおばさんにぶつかり、あやうく大事故になりそうな場面に遭遇しました。

皆さんは大丈夫ですか?

スポンサードリンク

そんな問題の多い「歩きスマホ」ですが、

あのJRがとった対策が実にユニークで話題になっています。

JR東日本は、「歩きスマホ」キャンペーンとして、ある駅の備品のトイレットペーパーに

歩きスマホへの注意を喚起するメッセージを印刷して設置。

この大胆なキャンペーンには、賛否経論あるようですが、

その中でも、「インクがつかないか心配。。。」

というのはごもっともな意見ですね。

新宿駅や東京駅などでの目撃情報があるようですが、

設置場所の公表はしないとのことです。

JRといえば、どうしてもお堅いイメージが先行しますが、このようなキャンペーンを採用するとは、ずいぶん社内の考え方も柔軟になって来たんではないでしょうか。

スポンサードリンク

昔とは違い、SNSを中心とした情報の拡散をあらかじめ想定したキャンペーンだとは思いますが、これからもユニークな電車のラッピングや、満員電車緩和の面白いアイデアなど柔軟で面白く、話題になるような対策をしていただけると嬉しいですね。

神対応ならぬ「紙対応」(笑)でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加