物事の引き際について

OY1151013500662

ものごとには、引き際が大事って良く聞きますが

皆さんはどのようにお考えですか?

スポンサードリンク

一言に引き際と言われても、いろんな場面がありますよね。

例えば、恋愛。

芸能人の別れ話なども良くニュースになりますが、

例えば少し前の熊切あさ美さんなんて、一般的に考えて行き過ぎじゃない?

いくら芸能人とはいえ、自分の彼(元彼?)とはまだ分かれてないとか

どうとかこーとか、

そんな未練たらたらのことテレビで一方的にしゃべってたりして

それでもまだ修復できると思ってたのかね。

相手から全く連絡無い時点で、連絡無いのが答えだと思わないのかな?

思いたくないから、世間にも自分の気持ちを分かってほしいから、TVの前でも号泣できるのかな。まったく引き際が分からない、いい例だと思います。

が、しかし

こと自分はどうだったのか、正直にお話ししますと、かれこれ20年くらい前に大好きな彼女に振られたんですよ。でも好きで好きでしょうがないので、何日か置きに連絡するんですよ(情けない!)

で、ある時期ぱったり連絡が取れないときがありまして、、

その時は、「何か事故にでもあったんじゃないか」とか「電話機が外れてるんじゃないか(←バカ)

なんて本気で物思いにふけっていたりすると、「助けてあげなきゃ!(←どうしようもないバカ)なんて思考回路になったわけですよ。

んで、

彼女の家の前をうろちょろ、、まだ帰ってないけど大丈夫か?

あー、心配。。。

今でいうストーカーみたいですよね。

結局、ずいぶん前に振られていたわけですから当たり前ですよね。

彼女からすれば、「いい加減にしてよ、こタコ!」 ったような感じでしょうか。

スポンサードリンク

でも僕本人は盲目。恋は盲目。

完全に「2人は終わった」モードを感知するアンテナが壊れていたようで、気づかないんですよ。

結局、そのままフェードアウトでジ・エンドでしたが。

スポーツ選手の引き際について書こうと思ったら、なぜかどーでもいい自分のことを書いてしまった。

スポーツ選手の引き際で、一番の関心は、やはりキングカズこと「三浦和良」選手のことですよね。

もう偉大過ぎて、周りから「引退」を軽く口走ることもできない領域です。カズは、日本で唯一の、「自分で引退を決めていいスポーツ選手」でしょう。

こんな人いままでいませんよね。僕らより上の年代の現役スポーツ選手。

考えただけで、膝が痛くなりました。。

でも、仕事に引退はありません!納得いくまで突き進むだけです!

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加